夏の演奏会シーズン始動!

アメリカでは多くの学校と同じように、9月からシーズンが始まり5月頃に年度が終わり、それから長〜い夏休みに入ります。僕も音楽院時代は、この夏を使ってヨーロッパの講習やプログラムを受けたり、アメリカやヨーロッパの音楽祭に歌いに行ったりしました。

我がシカゴ・リリック・オペラもご多分に漏れず、夏は劇場がオフ・シーズンに入り、研修生はレッスンやコーチング等、来シーズンの準備とは別に、シカゴのコンサートホールでの演奏会や、研修所オペラ公演、さらに夏の野外音楽祭といった、シーズンとはひと味違う活動をしています。

第一弾は来週、シカゴ・シヴィック・オーケストラとのガラ・コンサートがあります。

シカゴ・シヴィックとは、シカゴ交響楽団の訓練生オーケストラで、ちょうど僕らリリックの研修生と同じような組織に当たります。

曲目はHamletやFalstaffなど、シェイクスピアを基にしたオペラの抜粋が中心です(シェイクスピア没後400年記念のため)。僕はHamlet役として二重唱などを歌います。

6月末は研修生によるオペラ・シーン(試演会的なイベント)があり、僕はエフゲニー・オネーギンのフィナーレ、サミュエル・バーバーの珍しいオペラ『A Hand of Bridge』、『West Side Story』など4つの作品に出演します。

7月はスタインベックの小説を基にしたフロイトのオペラ『ハツカネズミと人間』を、シカゴの「グラント・パーク音楽祭」にて上演します。

そんなわけで忙しい夏になりますが、英語のオペラなど新しい挑戦もたくさん。

今日はシヴィック・オーケストラとのコンサートの指揮者、劇場の芸術監督でもあるアンドリュー・デイヴィス氏との音楽稽古が始まります。

では行ってきます!

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Me
  • Twitter Basic Square
  • Facebook Basic Square

© Copyright 2020. All Rights Reserved.

  • w-facebook
  • White Instagram Icon
  • Twitter Clean
  • White YouTube Icon