シカゴシビック交響楽団

6月6日に行われたシカゴ・シヴィック・オーケストラとの演奏会が無事に終了しました。

今回のプログラムはシェイクスピア没後400年記念ということで、BerliozのBéatrice et Bénédictや、VerdiのFalstaff、さらにはWaltonのTroilus and Cressida(トロイラスとクレシダ)といった、普段はあまり上演されない曲も入っていて、非常に新鮮でした。

私が歌ったのはAmbroise ThomasのHamletからの2重唱で、Doute de la lumière. シェイクスピアの数ある役の中でも屈指の難役として知られるハムレットですが、その複雑な心理を演じながら歌うというのはとても大きなチャレンジでした。しかしオーケストラとマエストロ、アンドリュー・デイヴィス氏の素晴らしい演奏に支えられ、2重唱は成功し、演奏会は大盛況に終わりました。

何よりこの美しいホールで、そしてあこがれのシカゴ交響楽団のホームでリハーサル、本番、レセプションと時間を過ごせたことをとても嬉しく思います。

終演後にはシビックの団員とも交流ができ、以前参加したアスペン音楽祭で一緒だった人との再会や、シカゴではなかなか会えない日本人音楽家との出会いもありました。

今週からは6月末のオペラ・シーンに向けての練習が始まります。今度はEugene Onegin、A hand of Bridge(サミュエル・バーバーのオペラ)、I Capuleti e i Montecchiなど、また全然違ったスタイルのオペラに取り組んでいきます。

今シーズンもよいスタートを切れたので、頑張っていきたいと思います!

シカゴ交響楽団の本拠地・シンフォニーセンター

ファルスタッフのリハーサルの様子

ハムレットのリハーサルの様子

終演後のカーテンコール

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Me
  • Twitter Basic Square
  • Facebook Basic Square